お米の効能

お米はダイエットの味方!?

  • お米って、ダイエットの敵って思っていませんか?
  • 実は大きな間違いです!!
  • むしろ、ご飯を絶って、逆に痩せにくい体になっている場合があります。
    なんでもかんでもカロリーカットをするのではなく、腹もちや、脂肪を燃やす為に必要な栄養素を理解し、効率よくダイエットするためには、むしろお米は効果的な食べ物です。

    まず、現代の食生活では、主食のお米を減らそうとすることで、おかずを食べ過ぎてしまう傾向があります。これではダイエットどころか、逆に体重が増えてしまってもおかしくありません。

    次に、脂肪を燃焼させるには、お米を食べて栄養を摂取することが効果的です。食事で摂ったカロリーを効率的に燃焼することができる栄養バランスは「炭水化物60%以上、たんぱく質15%、脂質20~25%」といわれています。「お米が6割、おかずが4割」の割合で食べるのが理想的だということになります。

  • さらに、栄養を取らずに、絶食してダイエットをしようとすると、「ただのガリガリ」になってしまいます!お米をちゃんと食べてキレイにダイエットしましょう。
    そのために、大事なのは全体のバランスです。米を食べること自体が太るのではなく、食べすぎるから太るのです。むしろ、適量のご飯をしっかり食べる方が痩せやすく、正しいダイエットになると言われています。

    また、お米はパンや麺などの小麦製品よりも腹もちがいいです。
    よく「ご飯は太る」なんて言いますが、腹もちのよさを見るとパンよりも米のほうが太りにくいと言えるのではないでしょうか。腹もちが良ければ余計な間食は減り、ダイエットにつながります。

    では結局、パンとごはん、洋食と和食ではどちらが太りにくいのでしょうか。
    カロリー"だけ"見ると、米のほうがカロリーが高く、パンのほうが太りにくいとも言えます。
    しかし、実際には「~だけ」という考え方はあまり成り立ちません。
  • 例えば、パンにはジャムやバターを塗りませんか?付け合わせのサラダにはドレッシングやマヨネーズを付けませんか?

    パンにぬるジャムやバター…これよってカロリーはそのぶん高くなってしまいます!
    特にバターは少量で爆発的カロリーがありますので、結局はお米よりもカロリーが高くなってしまいかねません。しかもパンにはいろんな種類があり、1個で300~500kcalとかなり高カロリーなものもあります。

  • さらにパンと一緒にソーセージやベーコン、オムレツなどを食べることによってカロリーはさらに高くなります!
    和食と洋食のおかずのカロリーを比較しても、やはり和食の方が低カロリーです。
    米を食べ、野菜を食べ、魚を食べ、健康的にダイエットしましょう!

    このように、最近ではお米はむしろダイエットに良いということも少しずつ知られてきましたが、「玄米と白米だとどちらがより良いのか」というお話も良く聞きます。
    これについては、お米に慣れていない人は白米を食べる方が良いとされます。
    なぜなら、脂肪を燃焼させるには、栄養を吸収しなければならないのですが、玄米は消化に時間がかかるため、栄養を吸収するためにはよく噛まなければなりません。また、味や食感も白米に比べるとどうしても劣るので、毎日続けて習慣化するのが苦痛に感じる人も少なくありません。

  • よく噛まなければ、胃腸に負担をかけて、栄養も吸収されないので、逆に体を壊しかねませんが、栄養分的には玄米の方が高いので、もし噛む習慣がしっかりとついてくれば、玄米の方がより良いです。

美容にもいいお米

  • まずは白米と玄米の栄養の違いについてみてください。玄米には美容にいい栄養成分が豊富に含まれていることが分かります。
  • 栄養素 エネルギー タンパク質 炭水化物 ビタミンE カリウム カルシウム ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンB6 食物繊維
    白米 356Kcal 6.1g 77.1g 0.1mg 88mg 5mg 0.08mg 0.02mg 0.12mg 0.5g
    玄米 350Kcal 6.8g 73.8g 1.2mg 230mg 9mg 0.41mg 0.04mg 0.45mg 3.0g
                            100gあたり(日本食品標準成分表 2010より抜粋)

  • 玄米は、体を内側からキレイにする肌を作る栄養素が豊富です。
    ・ビタミンE→老化の原因、活性酸素を抑え、肌を綺麗にします。白米にはほとんどありませんが、白米の12倍もあります。
    ・植物性タンパク質が肌を作り、タンパク質を肌に変えるビタミン・ミネラルが多いです。
    肌の生まれ変わりを助けるビタミンB6→白米の4倍

    おすすめメニュー
    玄米のたまごかけごはん → より吸収の良い動物性タンパク質をプラスします。

健康を考えるならやっぱりお米

  • 上記のように栄養豊富なお米は、健康にもとてもいいです。
  • 高血圧には玄米がオススメ。高血圧の敵・塩分を排出をするカリウムが、白米の3倍含めれています。
    また、むくみにも効きます
  • 疲れを補う栄養も豊富です。ビタミンB1はニンニクの2倍!
    栄養ドリンクに含まれているビタミンB群も含んでいます。
  • ただし、風邪などで体調が悪い場合は、弱った胃腸に優しい白米・・・特におかゆががオススメです。水分が多いおかゆは消化吸収が早く胃腸に負担をかけませんので、体力がない時でもウィルスと戦うエネルギーを得る事ができます。消化吸収がよく、糖質が多い白米はエネルギーになりやすく体を素早く温めることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパー玄米がお薦め!

  • 「玄米が特に美容と健康にいいのは分かったけど、どうしても食べなれない」「白米のような美味しさで、玄米の栄養が取りたい」という贅沢なアナタへとっておきのお薦め情報があります。
    玄米の外側の硬い部分だけをそぎ落とし、白米のような味や食感で、且つ、玄米と遜色ない栄養を摂取できるお米があります。
  • 人呼んで・・・
  • スーパー玄米!!

  • ご希望があれば、弊社からも発送いたしますが、実は原理は至って簡単です。
  • 5分付きで精米をすればよいだけです。
  • ぜひ試していただき、美しく健康な生活をお楽しみください!