無農薬の露地育苗

富山ではまだまだやっている人の少ないビニールハウスを使わない育苗。これで丈夫な苗が育ちます。もちろん、農薬は一切使用しておりません。

Alive-21さんの写真

農道にも整備が必要

 新規で引き受けた田んぼは、大体誰もやりたくない田んぼなので、まずは整備が必要です。そんな田んぼしか、大体回ってこないのが悲しい現状です。
機械が安全に通れるように、農道と搬入ロに砕石を撒いて固めています。

Alive-21さんの写真

無化学肥料栽培の有機肥料

ウチの無農薬、無化学肥料のお米作りはとにかく手間がかかります。田んぼ8反分の肥料が下の写真。肥料設計は極秘のため、ここに写っていないものも別途1パレットあります。

料理に例えると、慣行農業はうまみ調味料で出汁をつくり、有機農業は昆布とか鰹節とかで出汁を取るような感じです。

しかし、ウチではそんなやっつけではなく、何種類もの有機肥料をその肥料成分を見て組み合わせるので、複数の素材を複雑に組み合わせながらも、見た目は単純なコンソメ(完成された)スープを作る作業に似ています。

 さすがに昨年からはほとんど機械で撒きますが、塩だけは手撒きです。粒の大きさがバラバラでうまく撒けないので。
これぞまさしく「手塩にかける」というやつでしょうか。

 

古川 元規さんの写真
古川 元規さんの写真
古川 元規さんの写真

畦際の草を抑えるブロックマスター新調

畔ブロックの際は、耕運出来ないので、畔出しとか、畔切りという作業を行って土を転換して、草も抑え込みます。
そのためにトラクターに装着するブロックマスターという装置を新調しました。

Alive-21さんの写真
Alive-21さんの写真